ねこと夫

子供の頃にラブラドール犬を飼っていた夫、ねこと家の中で暮らすのは初めて。
仕事の区切りがつくまでは週末婚状態でしたが、
ちびもしゅーもあっという間になつきました。
あたしがやると血まみれ間違いないちびのシャワーまで、すんなり無傷でこなす始末。

苗字を夫のものに変える届けを区役所に出しに行った日を結婚記念日にしました。

フランスに住む夫の両親は、遠い日本で何処の馬の骨かわからない15歳も年上女性と結婚することには大反対。
結婚式もいらないよねーって思ってたら、高校同級の友人一同が、絶対後悔するからとにかくドレスを着れと。場所はどこかレストラン交渉して会費制にして、司会進行はあたしたちがやるから、と。
あたしは、自分が嫁のコスプレをした単なる飲み会を想像していたので、友人たちの気迫に圧倒されました。そして何度か真剣味が足りないと叱られましたトホホ。

夫はまだ日本に来て日が浅く、以前からの友人は1人。他はみんなあたしの友人・仲良い先輩後輩の総勢20人。
小さな小さな結婚パーティで人前式みたいなこともして、友人たちの暖かい心遣いに感激した良い会でした。

が、後日夫に聞くと、初対面の英語のできないオジさんオバさんたちに囲まれて怖かったよーって。

幸せな余韻に浸りながら帰宅しました。

帰宅後夫が、ちびのお口に血が付いてる!と言いました。もう歯が何本も抜けてしまっていたので、残りの歯で傷ついちゃったかな?と見ると、下の歯茎の一部から出血、歯茎の一部が崩れていました。見ただけでがんとわかりました。余韻は消え、獣医さんの留守電に翌日急患で見て欲しいと伝言を入れました。

結婚式の準備にかまけてちゃんと見てあげてなかったね。ごめんね。


  1. 2017/01/05(木) 00:37:51|
  2. ねこと夫
  3. | Comments:2
<<ねこと夫 2 | HOME | ねこまみれ 8>>

Comments

読んでいる私の口元も緩んでいたと思う(笑)。
あったかくて幸せでe-266
あちらのご両親様の反対は...まぁ、賛成するお家もほぼなさそうだしね。

でも、ちびなりの親孝行だったんだと思う!
お母さんに心配させないように。
ちびのがんがわかってたら、結婚式どころじゃなかったかもしれないもの。
賢い子だね〜。
  1. 2017/01/05(木) 21:52:15 |
  2. URL |
  3. 愛されている妻 #-
  4. [ Edit ]

◎ 妻さま
友人たちは、ここでなんとかドレスを着せとかないと後世永きに渡り愚痴をこぼされると予測したようです (苦笑 そして正解 )
  1. 2017/01/05(木) 22:16:40 |
  2. URL |
  3. ちび #-
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.