ねこまみれ 11

20170115141029219.jpg

新しい仔猫の命名権も前回同様夫に託しました。

前回が女の子で、長生きを願い千代だからなー。ストレートに不老( フロー )とかだったらなんだなー。

ある日、仕事からぐったり疲れて帰宅、夕飯の調理に取り掛かろうとしたところ、

夫が偉そうに、

名前が決まりました。家の中のどこかにアルファベットのカードが6枚隠してあります。それをつなげて名前を当ててください。

はあ? あたしぐったり疲れてんのにこれから夕飯の準備しなきゃなんだけど ⁇ … をぐっと呑み込み、企画に乗ることにしました。嫌味はひとこと言っておきましたが。

お風呂場、洗面所、寝室、冷蔵庫などからやっと見つけた6枚のカードは、
O B I R A K の 6文字。

母音と子音組み合わせりゃいいんでしょ、と考え始めたら、

中に2文字、要らないのが混じっています、と。は⁇ もっと早く言え。

一旦乗った企画、放り投げるのもなんなので真面目に考えました。夕飯のおかずは一品減らすことにしました。

ろか りか らぼ びら ばろ ばこ かり こら かぼ ... きば。キバ ?

正解 !強くたくましく賢い、狼のような男の子、牙です!


... 昔、狼がヒーローの日本のアニメを見たらしく、そのヒーローの名前が牙だったということでした。

かくしてうちにやって来たブリティッシュショートヘアの男の子、こちらがたじろぐくらい賢そうな目をした仔猫はキバとなりました。

これでようやく家族が揃いました。











スポンサーサイト
  1. 2017/01/15(日) 13:25:20|
  2. ねこと夫
  3. | コメント:2

ねこまみれ 10

結婚して2年がすぎた頃です。夫としゅーと千代とあたし、なんとか上手く暮らせるようになりました。

我が家の公用語は英語です。夫は自宅で仕事をしているため、ずっと一緒にいるしゅーも、結婚後にやって来た千代もあたしより英語がわかるようです。

夫は定期的にねこ用品を買いに行く近所の超大型ホームセンターのネジコーナーとか、工具コーナーがマニアックすぎて大のお気に入りとなり、行くたびにそこからひっぺがすのに一苦労。日曜大工というキャラではないのですが。

ある日、ひっぺがした後、ねこ用品を探すためにペットショップコーナーへ。
たくさんいる仔犬仔猫のケージの前をいつものように通り過ぎようとしたところ、夫が突然動かなくなりました。

視線の先は一番上のケージにいるちっちゃい黒い仔猫。お互い見つめあって動きません。

再三夫を促しましたが動きません。

この感覚、知ってるよ。もうしょうがないね。

触ってみたいって。
触ったら決定になっちゃうよ。

夫の手のひらの中で喉を鳴らし、夫を見つめる仔猫。

生命にお金を払うのは本当にこれが最後、と夫に確認しました。
遠出する予定があったので、うちに連れて帰るのは2週間後ということになり、お店にそれまでのお世話をお願いしました。

ブリティッシュショートヘアの男の子。この種類も初めて知りました。





  1. 2017/01/14(土) 18:36:37|
  2. ねこと夫
  3. | コメント:2

ねこと夫 2

結婚式翌日、まだ眠っている夫を置きちびを抱いて1人で獣医さんに走りました。

下顎のがん。
結婚したばかりの夫がこの子を溺愛しているんですと伝えたら、覚悟してもらわなきゃいけないから彼を連れて来てと。

自宅に帰って夫を起こし、連れて来ました。

全身麻酔をかけて歯茎の血を止める処置、獣医さんにお許しいただいてお手伝いしました。

腎不全がわかった時は食べ物についてとても詳しく熱心に指導してくれた獣医さん、これからは好きなものを食べさせてあげてって。

麻酔から醒めてまだ朦朧としているちびを2人で連れて帰りました。
2人で良かった。





  1. 2017/01/06(金) 19:10:24|
  2. ねこと夫
  3. | コメント:2

ねこと夫

子供の頃にラブラドール犬を飼っていた夫、ねこと家の中で暮らすのは初めて。
仕事の区切りがつくまでは週末婚状態でしたが、
ちびもしゅーもあっという間になつきました。
あたしがやると血まみれ間違いないちびのシャワーまで、すんなり無傷でこなす始末。

苗字を夫のものに変える届けを区役所に出しに行った日を結婚記念日にしました。

フランスに住む夫の両親は、遠い日本で何処の馬の骨かわからない15歳も年上女性と結婚することには大反対。
結婚式もいらないよねーって思ってたら、高校同級の友人一同が、絶対後悔するからとにかくドレスを着れと。場所はどこかレストラン交渉して会費制にして、司会進行はあたしたちがやるから、と。
あたしは、自分が嫁のコスプレをした単なる飲み会を想像していたので、友人たちの気迫に圧倒されました。そして何度か真剣味が足りないと叱られましたトホホ。

夫はまだ日本に来て日が浅く、以前からの友人は1人。他はみんなあたしの友人・仲良い先輩後輩の総勢20人。
小さな小さな結婚パーティで人前式みたいなこともして、友人たちの暖かい心遣いに感激した良い会でした。

が、後日夫に聞くと、初対面の英語のできないオジさんオバさんたちに囲まれて怖かったよーって。

幸せな余韻に浸りながら帰宅しました。

帰宅後夫が、ちびのお口に血が付いてる!と言いました。もう歯が何本も抜けてしまっていたので、残りの歯で傷ついちゃったかな?と見ると、下の歯茎の一部から出血、歯茎の一部が崩れていました。見ただけでがんとわかりました。余韻は消え、獣医さんの留守電に翌日急患で見て欲しいと伝言を入れました。

結婚式の準備にかまけてちゃんと見てあげてなかったね。ごめんね。


  1. 2017/01/05(木) 00:37:51|
  2. ねこと夫
  3. | コメント:2